1人暮らしの便利グッズ

【センス◎な一人暮らし】男子大学生に必要な家電・家具をまとめて紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「大学進学で一人暮らし!でも家電や家具は何を選べばいいんだろう」と困っている男子大学生のあなた。

必要な家具家電はもちろんですが、できれば友人や彼女に「いいじゃん!」と思われる部屋作りをしたいのではないでしょうか。

そこで今回は、男子大学生のあなたにおすすめの家電や家具をはじめ、モテる部屋作りのコツもお伝えします。

ぜひ最後まで読み進めて、あなたが過ごしやすく、さらに周りに褒められるようなお部屋にしてくださいね。

男子大学生が必要な家電8選

まずは、男子大学生の一人暮らしに必要な家電を8つご紹介します。

生活に必須なものばかりですから、ぜひチェックリストを作って、しっかりと準備を進めてくださいね。

冷蔵庫

冷蔵庫は生活の必需品。あなたの生活スタイルによって、大きさや機能を決めましょう。

「自炊を始めたい」という方は、小さくても150L以上のものを選びましょう。

おすすめなのが、冷凍庫スペースが比較的広いもの。一人暮らしで自炊を始めると、ごはんを冷凍したり、冷凍の野菜やおかずを買うことが多くなるからです。

「自炊はしない・したくない」という方なら、100~150Lのもので充分でしょう。

金額は、大きさや機能によってさまざまですが、おおよそ3~6万円程度と考えておいてくださいね。

おすすめの冷蔵庫は、パナソニックの「NR-B17CW-W」。容量は168Lあり、手入れがしやすく、どんなお部屋にも馴染むカラーが特長です。

洗濯機

2つ目は「洗濯機」です。機能や静音性、容量を見て、あなたの生活に合うものを選んでください。

一人暮らしであれば、2〜3日に1回の洗濯になるでしょう。この場合、容量は5~7kgあれば充分。メーカーにもよりますが、価格帯は2〜8万円です。

また、洗濯機には乾燥機能がついたものもあり、ボタンひとつで洗濯物を乾燥させてくれます。

筆者も、一人暮らしをしているときは、乾燥機能つきの洗濯機を使っていました。冬場は手が冷たくなりにくくておすすめです。

パナソニック「NA-FA7H1-W」は、手入れのしやすさが一番の嬉しいポイント。また、高性能な静音機能もあるので、ご近所に神経を尖らせる必要もありませんよ。

掃除機

3つ目は「掃除機」です。本体の大きさや機能、ゴミが入る部分の種類(紙パックやダストカップ)で選びましょう。

一人暮らしの部屋では収納場所が限られていますから、おすすめなのはコードレスでスティック状の掃除機です。

スティック状なら置き場に困りませんし、部屋の角で充電しておけるので、生活の邪魔になりにくいですよ。

筆者は、一人暮らしの途中でスティック状の掃除機に変えました。場所を取らないのはもちろん、掃除が手軽になったので、きれいな部屋を保てたのです。

おすすめは、日立の「コードレススティッククリーナー」。コンパクトでありながらも吸引のパワーがあり、折りたためるので収納場所にも困りませんよ。

冷暖房

夏の暑さや冬の寒さを乗り越えるために、冷暖房、特にエアコンは必須。

賃貸では備え付けられている場合が多くありますが、部屋を借りるときは、エアコンがついているかどうか確認しましょう。

備え付けでない場合、新しく自分で購入する必要がありますよ。

また、エアコンだけでなく、扇風機やファンヒーターなどがあると、より快適に過ごせるでしょう。

エアコンは一人暮らしに多い6〜8畳の部屋向けのものなら、およそ3〜7万円程度で購入できます。

三菱電機「霧ヶ峰GVシリーズ」は、省エネ基準達成率が87%。気になる電気代を抑えやすいのが嬉しいですよね。

電子レンジ・オーブントースター

5つ目は「電子レンジ・オーブントースター」です。

一人暮らしを始めて「自炊するぞ!」と意気込んでいても、日に日に面倒くさくなるもの。

時には冷凍のチャーハンやピザを食べたくなることもあるでしょうから、電子レンジは用意しておきましょう。

また「朝はパン派」という方は、オーブントースターが欠かせませんよね。

料理や自炊を頑張りたいのであれば、ぜひ電子レンジとオーブントースターの両方の機能を持っているオーブンレンジをぜひ選んでみてください。

電子レンジでおすすめなのは、シャープの「PLAINLY」。機能がシンプルで無駄がなく、使いやすいのがポイントです。

オーブントースターは象印の「EQ-AM22-BA」がおすすめ。シンプルでスタイリッシュなデザインはもちろん、「表面がカリカリ・中は冷たい」状態を防ぐ工夫もされていますよ。

ドライヤー

6つ目は「ドライヤー」です。濡れたままの髪でいるわけにはいきませんし、髪のセットにも必須ですよね。

朝の時間や夜遅い時間に使うことも考えて、ぜひ「風が強く静か」なドライヤーを選んでください。

メーカーにもよりますが、3,000〜5,000円程度で購入できます。

おすすめはパナソニックの「EH-NE2E」です。比較的強めの風でスピーディーに髪を乾かしてくれますよ。

テレビ

7つ目はテレビです。テレビ番組を見ないという人も増えていますが、一人暮らしでも寂しい時間をつぶせるという意味合いで「テレビで動画や映画を楽しみたい」という方もいます。

モニターのみ購入しても問題ないですが、スポーツやバラエティ番組を観たいのであれば、テレビにしておくのが良いですよ。

一人暮らしにテレビは要らない?3年間の経験から分かった結論 「一人暮らしはテレビ見ないし要らないって聞くけど実際どうなの?」と気になっている方はいませんか。 ただ、テレビが要らないと言われ...

大きさは部屋のサイズから考えるのがおすすめですが、「こんなに大きいのは必要ない」と思っても、日が経てばその大きさに慣れて小さく感じてきます。

ですから、部屋が狭くならない程度の大きさがあるものを選ぶと良いですよ。

たとえばワンルームにピッタリな24インチ程度なら、3〜4万円で購入できるものもあります。

おすすめは「REGZA(レグザ)」。YouTubeやNetflix、Prime Videoといった動画配信サービスを簡単に利用できます。

「アニメや映画、動画をゆっくり手軽に楽しみたい」という方におすすめです。

ノートパソコン

8つ目は「ノートパソコン」です。家電とは少々毛色が異なりますが、大学の課題をやるのに必要ですから、用意しましょう。

デスクトップパソコンでも良いですが、持ち歩くことが多くあるでしょうから、大学やカフェでも使いやすいノートパソコンがおすすめです。

NECの「LAVIE N15」は、アプリを多数搭載しているところが特長。課題やレポート作成だけでなく、動画の視聴にも便利なノートパソコンです。

男子大学生が必要な家具4選

次に、男子大学生の一人暮らしに必要な家具を4つご紹介します。

あなたの部屋にどのような家具を置くか、ぜひイメージしながら読み進めてくださいね。

男子大学生が必要な家具4選
  • 寝具
  • カーテン
  • 机・テーブル・デスク
  • 収納

寝具

1つ目は「寝具」です。ベッド派でも布団派でも最低限、掛け布団・枕は必要でしょう。

それにプラスしてベッド派ならベッドフレーム・マットレス・シーツが必要で、布団派なら敷布団が必要ですね。

布団やベッドの大きさは何種類かありますが、あなたの体格によって決めましょう。以下の表を参考に、体がすっぽりとおさまるサイズにしてくださいね。

シングル横100cm×縦210cm
セミダブル横120cm×縦210cm
ダブル横140cm×縦210cm
クイーン横160cm×縦210cm
キング横180cm×縦210cm

一人暮らしの部屋なので、ベッドのサイズは多くの場合「シングル〜ダブル」のサイズになるかと思います。

安易に「シングルにしておこう」と考えるのではなく、あなたが使いたいベッドのサイズに合わせた寝具を購入してくださいね。

一人暮らしにおすすめ!通販で買えるコスパ最強のベッドまとめ 一人暮らしでベッドを置きたいけどどんな基準で選べばいいの?おすすめのベッドは?と気になっている方は多いですよね。 特にベッドは大...
一人暮らしでダブルベッドは狭い?後悔の理由や選び方、おすすめ7選を紹介一人暮らしの部屋でもダブルベッドは置けます。しかし選び方を知らずに後悔することもあるので要注意。この記事では、一人暮らしでダブルベッドを置いて後悔した理由や選び方、おすすめのダブルベッド7選をご紹介します。...

カーテン

2つ目は「カーテン」です。大きめの窓やベランダに繋がる窓には、カーテンをつけましょう。

目的の大部分は防犯です。実際カーテンがないと、部屋の中が丸見えになってしまいます。たとえ部屋の階数が3階以上だとしても、部屋を覗く手段はさまざまあります。

内見時にはカーテンのサイズを測っておいて、入居日には用意できるようにしておきましょう。

内見時に把握できていなくても、不動産屋さんに問い合わせれば、データや写真を送ってくれますよ。

おすすめのカーテンについてはこちらの記事でもまとめていますので、好みのカラーやデザインのカーテンを見つけたいという方はぜひご覧くださいね。

一人暮らしにぴったりなカーテンの選び方は?通販で買えるおすすめも紹介 一人暮らしを始めるうえで必要になるインテリアの一つにカーテンがありますが、実は部屋の印象を大きく左右するだけでなく、部屋の温度調節やプ...

机・テーブル・デスク

3つ目は「机・テーブル・デスク」です。

勉強や食事など、すべて床で行うわけにはいきませんから、“テーブルの機能”があるものを最低1つは用意しておきましょう。

中でもテーブルは、日頃座る高さを考慮して購入するのがおすすめ。

床に直接座るならロータイプ、ソファやイスに座るなら、座高に合った高さのテーブルを選びましょう。

一人暮らしにおすすめの机・テーブル・デスクはこちらの記事でも紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

一人暮らしにおすすめのテーブルをコスパ最強通販サイトから厳選! 「一人暮らしで使いやすくて便利なテーブルが欲しい!」とテーブル探しに悩んでいる方はいませんか。 一人暮らし向けのテーブルは用途や...

収納

4つ目は「収納」です。衣服やバッグ、本、趣味のアイテムを収納する棚や引き出し、ラックを準備しましょう。

収納を選ぶときは、部屋にクローゼットや押し入れといった収納が備え付けられているかどうかを確認し、不足している分を購入します。

クローゼットがある場合は、クローゼットにコートやスーツ、ズボンをかければOK。それ以外の小物類やTシャツ・下着・肌着類をしまう用の引き出しを用意しましょう。

また、本や雑貨、小物類も、生活していけば増えていきますから、本棚やカラーボックスを用意しておくと良いですよ。

一人暮らしのクローゼット収納グッズと実例まとめ【スッキリまとまる】 「一人暮らしの部屋のクローゼットが狭くて服が入りきらない!何か収納力を上げる良い方法はないの?」とお悩みの方は多いですよね。 ワ...
一人暮らしにおすすめ!通販で買える便利な収納インテリアまとめ 「一人暮らしの部屋は狭くて収納スペースが足りない!」と悩んでいる方は多いですよね。 実際、一人暮らしの部屋はワンルームや1Kが多...
一人暮らしでクローゼットが無い…収納アイデアやインテリア5選を紹介! 「一人暮らしの部屋にクローゼットが無くて服の収納に困る!」と悩んでいる方はいませんか。 お部屋をスッキリきれいに保ちたいものの、...

男子大学生が必要な雑貨3選

次に、男子大学生の一人暮らしに必要な雑貨を3つに分けてご紹介します。

男子大学生が必要な雑貨3選
  • 調理器具
  • 洗剤類・掃除用品
  • ハンガー・物干し竿

調理器具

1つ目は「調理器具」です。特に「自炊を始めよう」と考えている方は、用意していきましょう。

一人暮らし始めたてのころは、まず包丁・フライパン・箸・皿の4つがあれば問題ありません。

そして、生活に慣れてきたら、必要なものを揃えていきましょう。たとえば、鍋やおたま、菜箸、タッパなどです。おすすめの調理器具はこちらの記事でまとめて紹介していますので、これから買おうと考えている方はぜひご覧くださいね。

一人暮らしで最低限揃えたい調理器具は?おすすめグッズ7選を紹介! これから一人暮らしを始めるという時に、調理器具は何を揃えておけば良いのか迷っていませんか? 特に初めて自炊をするという人にとって...

生活をしていくなかで、どんどん必要なものが出てきますが、最初から一気に揃えようとはせず、必要になった時に追加していくのがおすすめですよ。

洗剤類・掃除用品

2つ目は「洗剤類・掃除用品」です。

食器用洗剤やバス用洗剤、洗濯洗剤といった洗剤類は、生活していくのに欠かせないもの。

お気に入りの洗剤があるのであれば、最初から大容量タイプを買っても良いですし、好みの洗剤を探すために、さまざまなメーカーを試してみても楽しそうですよね。

また、キッチンハイターなどの台所用漂白剤やウタマロクリーナーのような、テーブルや棚を拭くための中性洗剤があると、掃除が楽になり便利なのでおすすめ。

一人暮らしの掃除が楽に!ズボラな人必見の神アイテムまとめ 「一人暮らしの掃除って大変!でも面倒だから中々やる気がしない…。」という方はいませんか。 家事の中でも掃除に対して苦手意識やしん...

ハンガー・物干し竿

3つ目は「ハンガー・物干し竿」です。

ハンガーや物干し竿がないと、洗濯した服を干せませんし、収納環境によっては服がごちゃごちゃになってしまいます。

物干し竿は、内見のタイミングで長さを確認し、適切な長さのものを購入しておきましょう。

部屋によっては、すでに物干し竿がついていたり、浴室乾燥ができたりします。

この点も、内見時に見ておいたり、不動産屋さんに問い合わせて確認しておくのがおすすめです。

【部屋干し臭激減】一人暮らしで洗濯物の臭いを防ぐコツ・グッズ紹介 「部屋干しすると部屋がジメジメするのが嫌!どうすればいい?」と悩んでいませんか? 梅雨の時期や雨の日が続く日は部屋干しする方が多...

引越し初日までに用意しておくべきグッズ

これから一人暮らしを始めるあなた。焦ったり困ったりすることないように、引越し初日までに用意しておくべきグッズを3つに分けてご紹介します。

しっかりと揃えて、最高の新居1日目を過ごしてくださいね。

引越し初日までに用意しておくべきグッズ
  • バス用品
  • ティッシュ・キッチンペーパー・トイレットペーパー
  • ゴミ袋

バス用品

引越し初日までに用意しておくべきグッズ1つ目は「バス用品」です。

シャンプー・リンス・ボディーソープ・タオル・歯磨き粉・歯ブラシなどの身だしなみ用品を揃えて持っていきましょう。

引越しの日程によっては、荷物が届くまで1日以上空く可能性があります。

荷物を待っている間、髪や体を洗わなかったり、歯を磨かなかったりするわけにはいきませんよね。

ただし、バス・トイレ用品は荷物の場所を取りますし重さもあります。ですから、トラベル用を購入して持っていくのがおすすめです。

筆者も引越し初日には、トラベル用のシャンプーセットや歯磨きセットを持っていきましたよ。

ティッシュ・キッチンペーパー・トイレットペーパー

引越し初日までに用意しておくべきグッズ2つ目は「ティッシュ・キッチンペーパー・トイレットペーパー」です。

ティッシュやキッチンペーパーは、手拭きに使いますし、鼻をかむこともありますよね。

また、引っ越したてとはいえ、汚れがある場所もありますから、汚れを拭けるペーパー類が必要です。

箱のままだと荷物の場所を取りますから、箱タイプではなく、ビニールに入っているタイプがおすすめ。

トイレットペーパーやキッチンペーパーは、荷物に少なくとも1個ずつ入れておきましょう。

ゴミ袋

引越し初日までに用意しておくべきグッズ3つ目は「ゴミ袋」です。

引っ越し初日でも、コンビニで買ったおにぎりのビニールやペットボトルのように、案外ゴミは出ます。

ですから、入居前に地域指定のゴミ袋を買っておき、持っていきましょう。

すべてそろえておく必要はありませんが、最低限「燃えるゴミ」「プラスチック」といった2種類は持っておくのがおすすめです。

一人暮らしにおすすめ!おしゃれなゴミ箱15選【部屋別】 「オシャレな部屋を作りたいけど、一人暮らしの部屋でゴミ箱が悪目立ちしてしまう」と悩んでいる方も多いですよね。 筆者も一人暮らしを...

ワンルームの間取りを有効活用する方法

一人暮らしでワンルームの部屋なら、置きたいものを置けず「狭いな」と感じることもあるでしょう。

しかしワンルームの部屋でも、空間を有効活用すれば、広びろと過ごしやすい部屋にできます。

たとえば、賃貸でも使えるタイプの壁掛け棚。棚の上下に空間があるので、収納を叶えつつ、スペースに余裕がある部屋に見えます。

一人暮らしをスッキリコンパクトに!浮かせる収納10選 「部屋の収納スペースが足りない!スッキリコンパクトにまとめる方法はないの?」と気になっている方は多いですよね。 そういった悩みを...

あるいは、収納つきのベッド。部屋のスペース確保で困りがちなのは「服の収納が場所を取ること」でしょう。

収納つきのベッドにすれば、ベッド下のデッドスペースを収納にできます。そのため、別で収納を置く必要がなく、スペースを確保できるのです。

おすすめの収納付きベッドはこちらの記事でまとめて紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

一人暮らしには収納付きベッド!おすすめ7選や選び方も解説 「一人暮らしには収納付きベッドが良いって聞いたけど、具体的にどんなメリットがあるの?おすすめの商品は?」と気になっている人も多いのでは...
【一人暮らし】バンカーズボックス収納でキレイな部屋を実現しよう 「一人暮らしにはバンカーズボックス収納が良いって話題だけど、具体的にどんなメリットがあるの?おすすめのメーカーは?」と気になっている人...

一人暮らしでモテる部屋を作るコツ

あなたの部屋に友人や彼女が来るとなったとき、魅力的に映って褒められるようなお部屋にしたいですよね。

一人暮らしでモテる部屋を作るコツを3つご紹介しますので、ぜひお部屋づくりに取り入れてください。

一人暮らしでモテる部屋を作る3つのコツ
  • 清潔感を意識する
  • くつろぎやすい空間にする
  • 落ち着いた雰囲気を出す

清潔感を意識する

1つ目のコツは「清潔感を意識する」です。

男女関係なく共通した認識として、清潔感のない部屋に魅力は感じないですよね。

清潔感とは「ホコリが1つも無い」のような“完璧”な状態を指すわけではありません。「片付いている印象」を与えられるようにしましょう。

たとえば、脱いだ靴下や下着が転がっていたり、お菓子の袋が散らばっていては、あなたの部屋は「散らかっていて清潔感がない」と思われますよ。

筆者は過去、中身が残ったままのカップ麺がテーブルに放置されている人の家に行ったことがあります。

この時は、さすがに「もう来たくないな」と思いましたし、その人自体にも「清潔感がない人」という印象が芽生えてしまったほどです。

こんなふうに思われたくないのであれば、日頃から清潔感を意識して生活してみてくださいね。

くつろぎやすい空間にする

2つ目のコツは「くつろぎやすい空間にする」です。

たとえば、あなたが「廊下が段ボールだらけでトイレに行きにくい」、「座っても脚が伸ばせない」のような部屋に招かれたらどう思うでしょうか?

どこか、落ち着かなく窮屈で、過ごしにくい印象を持ちますよね。

お部屋にこのような印象を持つと、特に女性はあなたを「余裕がない人かもしれない」と思ってしまうかもしれませんよ。

ですから、部屋のレイアウトや家具を選ぶときは「解放感」を意識しましょう。

脚を伸ばせるスペースを作ったり、ロータイプの家具を選んで空間を広く見せたりすると良いですね。

落ち着いた雰囲気を出す

3つ目のコツは「落ち着いた雰囲気を出す」です。

特に女性は、男性に「落ち着きがあるか・余裕はあるか」という点に注目しています。

落ち着きがなく“せかせか”している、あるいは余裕がない印象の部屋だと、あなたは魅力的に映らないでしょう。

落ち着いた雰囲気を出したいなら、間接照明を取り入れたり、リラックスできる香りのディフューザーを置いたりしてみましょう。

一人暮らしでも間接照明は必要?オシャレなインテリア例もまとめて紹介 「一人暮らしの部屋で間接照明ってあった方がいいの?オシャレな置き方は?」と気になっている方はいませんか。 特に間接照明を置いてオ...
男性必見!女性にモテるルームフレグランス10選【香りは大切】 あなたは、友人や恋人の部屋に入ったときに「違う家の匂いがする」と感じたことはありませんか?モテる男性は清潔感があり、良い香りがするイメ...

あるいは、オシャレな洋楽やBGMをかけておくと、一段オシャレな印象を与えられますよ。

【ベスト10選】一人暮らしの方のスピーカーはこれがおすすめ!選び方も! 日々の暮らしにスピーカーを取り入れて、映画や音楽を楽しみたいという方は多いですよね。 しかし一人暮らしの方は「どんなスピーカーが...

一人暮らしでも出来る!ハイセンスなおしゃれ部屋実例

友人や恋人があなたのお部屋を訪れたとき、「オシャレ!」「センスあるな!」と思ってもらいたいですよね。

このように思ってもらうためにも、ぜひ「シンプルでデザインに統一感がある部屋」を目指してみてください。

今回は、シンプルでデザインが統一されたセンスのある部屋の実例を紹介しますので、あなたのお部屋作りに役立ててくださいね。

Instagramより
Instagramより
Instagramより
Instagramより
Instagramより

まとめ:一人暮らしをセンスのある部屋から始めよう!

今回は、男子大学生のあなたにおすすめの家電や家具をはじめ、モテる部屋作りのコツもお伝えしました。

男子大学生が必要な家具4選
  • 寝具
  • カーテン
  • 机・テーブル・デスク
  • 収納
男子大学生が必要な雑貨3選
  • 調理器具
  • 洗剤類・掃除用品
  • ハンガー・物干し竿
引越し初日までに用意しておくべきグッズ
  • バス用品
  • ティッシュ・ペーパー類
  • ゴミ袋

特に今回紹介した家電・家具には、無いと生活できないものばかりなので、この記事をチェックリスト代わりに使っていただき、揃っているかどうか確認するのがおすすめ。

そして友人や彼女に気に入ってもらえるようなお部屋にするために、「シンプルでデザインに統一感がある部屋」を意識してみてくださいね。