ソファ・椅子

【タイプ別】メリットばかり!一人暮らしにおすすめな座椅子18選!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「1人暮らしの部屋じゃ狭くてソファが置けない、、ソファの代わりにゆったりくつろげる家具が欲しいなぁ」

そんな悩みを抱えてる方はいらっしゃいませんか?

ソファを置くにはスペースが足りないけど、ゆったりくつろぎたいと考えている一人暮らしの方は座椅子がぴったりなんです。

そこで今回は一人暮らしで座椅子を使うメリットやデメリットや一人暮らしにおすすめの座椅子を紹介します。

ぜひ、自分にぴったりの座椅子を見つけて取り入れてみてくださいね。

目次

一人暮らしで座椅子を使うメリット

まずは筆者が実際に座椅子を使って見て感じた、一人暮らしで座椅子を使うメリットを紹介します。

一人暮らしで座椅子を使うメリット
  • 狭い部屋でも置ける
  • 好きな場所に置ける
  • コンパクトに収納できる
  • 床からの冷気が軽減する

狭い部屋でも置ける

座椅子を置くメリットの1つ目は狭い部屋でも置けることです。

ソファは大きくて置けないという方でも、場所を取らない座椅子なら簡単に置くことができます。

また、簡単に移動できるので好きな場所に置けることもメリットですね。

好きな場所に置ける

座椅子を置くメリットの2つ目は好きな場所に置けることです。

座椅子はコンパクトで軽いので、好きな場所に置けます。

机の前に置いて食事や作業するだけでなく、友人や恋人が遊びに来た時のチェア代わりにも活躍できますよ。

コンパクトに収納できる

座椅子を置くメリットの3つ目はコンパクトに収納出来る点です。

座椅子はソファやチェアと比べて、軽くて移動もしやすいうえ、コンパクトに収納することも出来ます。

コンパクトに収納できるので、急な来客があったり座椅子が邪魔だと感じたりしたときに、さっと片づけることができますよ。

床からの冷気が軽減される

座椅子を置くメリットの4つ目は座椅子を使うことで、床からの冷気が軽減されることです。

フローリングに直接座ると、冬場は冷気で身体が冷える原因になってしまいます。

しかし、座椅子を使うことでフローリングからの冷気をシャットアウトしてくれるので、床生活をしている方や冷え性の方は座椅子がおすすめですよ。

【寒さ対策×節約】ポイント4つとおすすめ25選で一人暮らしのアパートを暖かく! アパートで過ごす一人暮らしの冬。「簡単にできる寒さ対策は無いの?」と気になっていませんか。 寒い日に暖房をつけて満足に暖まらない...

一人暮らしで座椅子を使うデメリット

一人暮らしで座椅子を使うメリットについて見ていきましたが、良い点ばかりではなく、実際に筆者が使っていて感じたデメリットがいくつかありました。

そこで座椅子のデメリットを3つ紹介します。

一人暮らし座椅子を使うデメリット
  • 来客時に困る
  • フローリングには不向き
  • 耐久性が低め

来客時に困る

座椅子を置くデメリットの1つ目は、来客があったときに困ってしまうことがあるという点です。

座椅子は基本的には一人で座ることを想定されているものなので、1つしかないと座る場所に困ってしまいます。

友人や恋人が遊びに来ることが多い人は、この後紹介する折りたためる座椅子を2個以上持って置くことをおすすめします。

フローリングには不向き

座椅子を置くデメリットの2つ目は座椅子の雰囲気がフローリングには不向きなことです。

座椅子のイメージって畳のある和テイストな部屋に置いてあるイメージはないですか?

一人暮らしの部屋は洋室が多く、床もフローリングの部屋が多めです。

ただし、最近の座椅子はモダンテイストを取り入れて、フローリングの部屋にもマッチするものが販売されていますので、フローリングだから座椅子は合わないと悩む必要はありませんよ。

耐久性が低め

座椅子を置くデメリットの3つ目は座椅子は手軽に購入することができる反面、耐久性が低めなことが多い点です。

特に折りたたみ式の座椅子は折りたたみ部分の金具が劣化しやすく、ソファやチェアと比べると買い替えまでの頻度は高くなりがちです。

その分、他のインテリアと比べて良いデザインでも低価格で購入できるという特徴がありますよ。

自分に合った座椅子の選び方

座椅子とネットで調べるとたくさんの商品が出てくるので、自分に合った座椅子を選ぶためにはどうすれば良いのか悩んでいる方もいますよね。

そこで自分に合った座椅子の選び方を紹介します。

自分にあった座椅子の選び方
  • 背もたれや座面の高さ 
  • 座椅子のクッション性
  • テーブルに合う高さか
  • リクライニング機能があるか
  • 機能面
  • 折りたためるか

背もたれや座面の高さ

自分にあった座椅子の選び方1つ目は、背もたれや座面の高さです。

背もたれが高いと体を預けやすく、リラックスしやすいでしょう。

逆に背もたれが低いものだと、高さが抑えられているので圧迫感がなく部屋を広く見せることが出来ます。

用途やシーンに合わせてちょうどいい背もたれや座面の高さを見つけましょう。

座椅子のクッション性

自分にあった座椅子の選び方の2つ目は、座椅子のクッション性です。

実は座椅子とひとくちに言ってもクッション素材は様々で、クッションの硬さや反発力が身体に合わないと疲れてしまう原因になります。

座椅子に使われているクッションはほとんどがウレタン素材を使用していますが、その反発具合によって特徴が異なります。

それぞれのメリット・デメリットを表にしたので、自分に合いそうなクッションを見つけてくださいね。

メリットデメリットおすすめの人
低反発
ウレタン
・身体にピッタリフィット
・無理な姿勢になりずらい
・通気性が悪い
・経年劣化しやすい
・包み込まれる感覚が好き
・長時間座ることが多い
・バランスが良い
・無難な座り心地
・経年劣化しやすい・どれがいいか悩んでいる
・強いこだわりがない
高反発
ウレタン
・経年劣化しにくい
・安定感がある
・長時間座るのに不向き・姿勢をキープして座りたい

テーブルに合う高さか

自分にあった座椅子の選び方の3つ目は、自分が使っているテーブルに合う高さの座椅子を選ぶことです。

座椅子はローテーブルと合わせて使うことが多いので、使いたい座椅子が持っているテーブルと比べて高さが丁度いいか確認しておきましょう。

一人暮らしにおすすめのテーブルをコスパ最強通販サイトから厳選! 「一人暮らしで使いやすくて便利なテーブルが欲しい!」とテーブル探しに悩んでいる方はいませんか。 一人暮らし向けのテーブルは用途や...
ベストが見つかる!便利でオシャレな折り畳みテーブル15選まとめ【一人暮らし】 「一人暮らしの部屋にテーブルを置きたいけど、部屋は広く使いたい」と悩んでいる方はいませんか。 テーブルは場所を取るため、ワンルー...

リクライニング機能があるか

自分にあった座椅子の選び方の4つ目は、リクライニング機能があるかどうかです。

リクライニング機能があると、座るとき・横になりたい時・休みたいときなどシーンに合わせてベストな角度に変えて使えます。

フラットになるタイプだと、横になって寝ることもできますよ。

また、リクライニングできる段階が多ければ多いほど自分好みの角度に調整できますので、何段階調整できるのかも注目しましょう。

機能面

自分にあった座椅子の選び方の5つ目は、ひじ掛けの有無や座椅子が回転するかどうかといった機能面です。

機能面に優れた座椅子は、その分価格も高くなり、サイズも大きくなりがちです。

そのため、ひじ掛けの有無や座椅子の回転機能などから自分が必要な機能だけが備わっているものを取り入れるようにしましょう。

折りたためるか

自分にあった座椅子の選び方の6つ目は、座椅子が折りたためるかどうかです。

座椅子を使っていないときはできるだけコンパクトに収納したいと考えているなら、折りたためられるかどうかが重要になってきます。

折りたためるタイプの座椅子であれば、隙間にしまっておけるので部屋を広く有効活用できますよ。

一人暮らしにオススメのオシャレな座椅子5選

こだわりの空間にピッタリな、インテリアに馴染むオシャレな座椅子を5つ紹介します。

【RASIK】折りたたみできるコンパクト座椅子

折りたたみできるコンパクト座椅子は、場所を取らないコンパクトサイズで部屋を圧迫しない座椅子です。

小さく畳んで収納することができるのにボリュームたっぷりでしっかり身体を預けることができ、座り心地がいいんですよ。

また、コーデュロイ生地でできているので、触り心地もよく、オシャレな部屋を演出してくれます。

さらに、こたつとも相性ぴったりという特徴もあります。

筆者はこたつが好きで一人暮らしでも愛用していますが、床に直接座っているとお尻や足が痛くてしょっちゅう体勢を変えていました。

しかし、こたつにこの座椅子を導入をするとお尻や足が痛くならずに快適に過ごせたのです。こたつ時間が快適になるのでおすすめですよ。

一人暮らしにこたつはアリ?デメリットは?おすすめ5選や選び方を紹介! 「一人暮らしにこたつは必要なの?」「一人暮らしの部屋におすすめのこたつはどれ?」と気になっていませんか。 暖まりながらくつろげる...
サイズ幅38cm×奥行き38cm×高さ36cm 座面高:12cm
カラーラテベージュ・スモーキーグレー・ナイトブルー・アーモンドミルク
素材ポリエステル
重量2kg

【家具350】Muffy 座椅子

Muffy座椅子はまるでソファのように包み込まれる座り心地が魅力の座椅子です。

コンパクトなのに座面・背もたれともにクッション性がよくリラックスしやすくなっています。

クッションのような座椅子なので、自由度が高く、持ち運びも軽々できるのが魅力です。

背もたれは低めなので、もたれると倒れてしまうんじゃないかと不安に感じるかもしれませんが、安定感があるので背もたれに身を任せても安心ですよ。

サイズ幅57cm×奥行き68cm×高さ18~32cm 
カラーアイボリー・ベージュ・グリーン・ブラウン・グレー・ブラック
素材表地:アクリル・ポリエステル・綿
裏地:ナイロン
中材:チップウレタン
重量4kg

【家具350】jake 1人掛け脚付きリクライニングチェア

jake 1人掛け脚付きリクライニングチェアは、身体をすっぽり包んでくれるソファのようなデザインが特徴のインテリアです。

脚付きの座椅子なので、床に直接置くタイプの座椅子と比べて立ち上がりやすく、安定感があります。

また、クッションもふかふかのコーデュロイ生地で出来ているので、しっかりくつろげますよ。

サイズ幅68cm×奥行き85~132cm×高さ30~76cm 
座面高:30cm
カラーベージュ・グレー・ネイビー
素材ポリエステル
重量11kg

【エア・リゾーム】3WAY伸ばせるリクライニング椅子

3WAY伸ばせるリクライニング椅子は、座椅子として使うだけでなく、座面を伸ばしてローソファとして座ったり、全部伸ばして簡易ベッドとして使える座椅子です。

簡易ベッドとして使うことも想定しているため、クッションは体をしっかり支えてくれる高反発なウレタンフォームが使われていますよ。

商品名にもあるように「3WAY」で様々なシーンで活躍できるのは、非常に魅力的ですね。

サイズ幅65cm×奥行き70~190cm×高さ15~74cm
座面高:30cm
カラーベーシック生地:グレー・ベージュ・ブラウン
コーデュロイ生地:ブラウン・グリーン
素材構造部材:スチール
張り材:ポリエステル100%
クッション材:ウレタンフォーム
重量7.3kg

【エア・リゾーム】マルチクッションチェア cheche

マルチクッションチェア checheは、モコモコした触り心地の生地が特徴で、ずっと触っていたくなる座椅子です。

背面にふかふかのクッションが入っているので、しっかりと身体を預けられ、安心感があります

また、座椅子だけではなく、クッション・オットマン・枕としても使えるので、シーンに合わせて様々な使い方ができますよ。

サイズ幅52cm×奥行き74~92cm×高さ20~43cm
カラーベージュ・グレー
素材ポリエステル
重量4.5kg

一人暮らしにオススメの可愛い座椅子5選

一人暮らしをしている・しようと考えている方の中には、可愛いお部屋を目指している方もいるのではないでしょうか。

可愛い部屋にピッタリな可愛い座椅子を紹介します。

【RASIK】ニュアンスカラーリクライニング座椅子

ニュアンスカラーリクライニング座椅子はフリルがついていて、可愛らしい見た目が特徴の座椅子です。

機能面にこだわりがあり、14段階のリクライング機能が備わっているのでベストな姿勢で使用できます

生地はベロア素材を使用しているので、高級感があって触り心地もいいですよ。

サイズ幅52cm×奥行き66cm×高さ48cm 座面の高さ:18cm
カラーオフホワイト・パールグレー・ベージュ・ピンク・スモーキーグリーン
素材表生地:ポリエステル100%
構造部材:スチールパイプ
中身:ウレタンフォーム
重量4.3kg

【エア・リゾーム】モコモコ座椅子 MARCO

モコモコ座椅子 MARCOは名前の通り、モコモコした見た目が可愛い座椅子です。

一人暮らしに多いワンルームでも邪魔にならないサイズ感で、おしゃれな空間を演出してくれます。

また、クッションが3層構造になっているので、座り心地もよく、リクライニングでベタッと倒して寝転ぶこともできますよ。

この座椅子に座っているとモコモコ感とクッションの柔らかさがクセになり、いつまでも座っていたくなりますよ。

サイズ幅42cm×奥行き57~98cm×高さ13~53cm
カラーベルベッド:ブラック・ブラウン・グレージュ・ベージュ・グリーン・グラスグリーン・パープル・ピンク・アイボリー・くすみピンク・ペールブルー・ペールイエロー
レザー:ブラック・ブラウン・キャメル・レッド・ブルー・グリーン
素材表面:ポリエステルベルベット
クッション材:ウレタン綿・ウレタン・チップウレタン
フレーム:スチール
重量3.6kg

【ShiRomee】フラッフィーマルチフロアチェア

フラッフィーマルチフロアチェアは、ふわふわな見た目が特徴の可愛い座椅子です。

ホワイトカラーも特徴で、韓国テイストな部屋やモノトーンカラーの部屋にあこがれのある方にピッタリですね。

リクライニングは5段階でき、ベタっと倒して寝ることもできます。

ホワイトカラーだと汚れが気になってしまいますが、カバーが取り外して洗濯できるので、綺麗な状態をキープするのが簡単ですよ。

サイズSサイズ:幅40cm×奥行き47cm×高さ47cm
Mサイズ:幅56cm×奥行き55cm×高さ55cm
カラーホワイト
素材ポリエステル・墳充物スポンジ
重量Sサイズ:3.5kg
Mサイズ:4.5kg

【家具350】Nube リクライニングチェア

Nube リクライニングチェアは、普通の座椅子と比べると座面がワイドサイズになっていてゆったり座ることができる座椅子です。

また、リクライニングが14段階で調整できるので、自分の好きな位置に調整してくつろぐことができますよ。

座面が広い分、ゆったりくつろげるので、ローソファに近い感覚で使えますね。

サイズ幅84cm×奥行き60cm~102cm×高さ56cm 座面高:14cm
カラーブラック・ブラウン
素材ポリエステル
重量7.5kg

【エア・リゾーム】フロアチェア Maryis(メアリス)

フロアチェア Maryis(メアリス)は、背面にキルティングが施されたパステルカラーの可愛い座椅子です。

全体的に丸い形が特徴で、背もたれ部分には高級感のあるダイヤモンドステッチが施されています。

置いておくだけでインテリアの一部として映えるデザインの座椅子ですね。

また座面に高密度のウレタンチップが入っているので、座り心地はもっちり包み込まれる感覚でとても気持ちいいですよ。

サイズ幅49cm×奥行き58.5~100cm×高さ12~57.5cm 座面高14cm
カラーブルーヘイズ・グレー・ピンク
素材ポリエステル100%・ウレタンフォーム・スチール
重量4.45kg

一人暮らしにオススメのシンプルな座椅子5選

無難に使えるシンプルな座椅子が欲しい!という方もいますよね。

そこでシンプルデザインの座椅子を5つピックアップしました。それぞれ詳しく見ていきましょう。

【RASIK】ペールトーンカラーダイヤキルトリクライニング座椅子

ペールトーンカラーダイヤキルトリクライニング座椅子は、淡い色のキルティングが入った座椅子です。

淡い色で部屋をシンプルにコーディネートしたい人におすすめです。

この座椅子には座面のクッションが14.5cmの厚みがあり、長時間座っても疲れないように設計されていますので、座りながら作業や読書などをする方にはぴったりですね。

サイズ幅49cm×奥行き58.5cm×高さ57.5cm 座面高:14.5cm
カラーライトグレー・ホワイト・ペールピンク・ペールブルー
素材張地:ポリエステル100%
構造部材:スチールパイプ
中身:ウレタンフォーム

【エア・リゾーム】カバーリング座椅子 UNE CHAIR

カバーリング座椅子 UNE CHAIRは、キルティングやつなぎ目が全くなく、フラットに仕上げられたシンプルな座椅子です。

座面が狭い座椅子だとゆったり座りづらいですが、この座椅子は座面が広く設計されているのでゆったり座れますよ。

またカバーは洗濯ができ、汚れてもすぐに洗えるのでいつもキレイな状態をキープできますね。

サイズ幅56cm×奥行き72~117cm×高さ14~62cm
カラーコーデュロイ生地:グリーン・ブラウン
ベーシック生地:グレー・ベージュ
素材ポリエステル・ウレタンフォーム・スチール
重量4.6kg

【uminecco】コーデュロイフロアソファ

コーデュロイフロアソファは使わないときは折りたたんで収納できる、コンパクト設計の座椅子です。

また、コーデュロイフロアソファは上と下のパーツが分離するので、入れ替えて自分好みのツートンカラーの座椅子にカスタマイズすることができます

座椅子のデザインを自分の好みに合わせてカスタマイズできるのはかなり新鮮ですね。

サイズ幅61×70cm~奥行き106cm×高さ16~54cm 座面高16cm
カラーベージュ・グレー・ネイビー
素材スチール・ポリエステル
重量6kg

【INDOORPLUS】エレガントデザイン座椅子

エレガントデザイン座椅子は名前の通り座椅子とは思えぬ立派なシルエットで、エレガントなデザインの座椅子です。

また、座椅子の生地はベルベットが使用されているので滑らかな手触りでより高級感を演出してくれます。

座椅子らしくない座椅子を探している方におすすめですよ。

サイズ幅66cm×奥行き78cm×高さ100cm
カラーホワイト・濃いグリーン
素材表:ベルベット
裏:ウレタンフォーム
脚部:金属
重量22kg

【エア・リゾーム】リクライニング座椅子 Allend

リクライニング座椅子 Allendは、大人な雰囲気漂うレザー素材を用いた皮張りの座椅子です。

皮張りなので、ビンテージライクな雰囲気を演出するのにピッタリで、ワンランク上のオシャレ部屋に取り入れたいアイテムですね。

また、リクライニングの金具の下に床傷ガードがついているので、引きずってうっかりフローリングに傷をつけてしまうということがないのも嬉しいポイントですね。

サイズ幅70cm×奥行き63~104cm×高さ12~55cm
カラーライトブラウン・グレー
素材張り材:PUレザー
クッション材:ウレタンフォーム
構造部材:スチール
重量5.4kg

一人暮らしにオススメの座り心地重視な座椅子3選

せっかく座椅子を導入するなら座り心地がいいものがいいですよね。

そこでソファのように座り心地の良いものを3つ紹介します。

【neruco】マットレスソファ REVE(レーヴ)

マットレスソファ REVE(レーヴ)は、ソファ・座椅子・マットレスと3種類の使い方ができるインテリアです。

座面もふかふかでゆったりとしたサイズなのでひろびろとくつろぐことができますよ。

またクッションも付いていて、座椅子やソファとして使うときにはそのままクッションとして、マットレスとして使うときには枕として使うことが出来ます。

サイズソファ時:幅60cm×70cm×59cm 座面高:26cm
ベッド時:幅60cm×200cm×16cm
 
カラー
ブラウン・アイボリー・ライムグリーン・ネイビー・ピンク
素材ポリエステル・ウレタンチップ・ウレタンフォーム・スチールパイプ

【家具350】Fit2 リクライニングソファ

Fit2 リクライニングソファは、脚付きの座椅子で、腰部分が6段階、ヘッド部分が5段階と細かくリクライニングが調整できるのが魅力です。

背もたれ部分も頭や首まで支えてくれるぐらい高さがあり、体全体をしっかり包み込んでくれますよ。

ティータイムや映画鑑賞など自分だけの優雅な時間を過ごしたいときにはぴったりな座椅子と言えますね。

サイズ幅70cm×奥行き80~120cm×高さ77~94cm 座面高:29cm
カラーダークグレー・ベージュ
素材生地:ポリエステル
フレーム:金属
クッション材:ウレタンフォーム・PP綿
脚部:木製
重量15kg

【エア・リゾーム】ダブルクッション座椅子

ダブルクッション座椅子は、ソファと座椅子のいいところを合わせた機能性抜群のインテリアです。

クッション素材は硬さの異なる2種類の素材を組み合わせており、程よい柔らかさで長時間座ってもノンストレスですよ。

とにかくリラックスできるようこだわっていて設計されているので、ソファの様に体全体を預けてくつろぎたい方におすすめですよ。

サイズ幅70cm×奥行き120cm×70cm
カラーベージュ・ダークグレー
素材張り材:ポリエステル
中材:ウレタンフォーム
構造部材:金属・天然木
重量14.5kg

まとめ:座椅子で一人暮らしの生活を豊かに

一人暮らししていて座椅子を導入する時には、部屋の雰囲気、部屋の広さ、使う目的などに合わせて選ぶといいでしょう。

ぜひ今回の記事を参考に、タイプ別に自分にあった座椅子を取り入れてみてはいかがでしょうか。